2016年5月31日火曜日

5月最終日

本日も早朝より
「クジラの見える丘公園」より沖観察をしようと上がりましたが
霧で遠くは全く見えなかったです。
しかし見える部分は波とうねりがあるように思えました
調査クルーズにより朝早くから出航してる船より
波があるとの情報をもらい、本日は全便欠航となりました。
ご予約いただいておりましたお客様、誠に申し訳御座いません

本日で5月は終わりなので目撃率を振り返ってみますと......
(※横線は欠航となった日です)
出航した日で鯨類が見れなかったのは、2回のみで
他の便ではシャチやイシイルカなどなんらかの生物に出会えています。

その中でも特に今年2016年はシャチの目撃率が非常に高く、70%を超えておりました!

ちなみに昨年の2015年5月のシャチの目撃率は30%程でした。

安定してシャチに出会うことができました〜
今年はクジラの見える丘公園より毎日沖観察調査を行っておられる学生さんからの情報もあり、目撃率が上がったのではないかと思われます。
非常にありがたいですね!

そして今年の特徴としては
大型の鯨類「ナガスクジラ」が非常に多く見られました!
体長は20m。ヒゲクジラの中でも2番目に大きいこのクジラが多い時には10頭以上見られました!
6月になっても安定して見られると嬉しいですね〜〜^^

ちなみに調査クルーズで出航していた船からはシャチが見られたとの情報が入りました〜
まだまだ見られているようですね〜^^
これからのクルーズが楽しみです!

明日も予報では海況はよくないです.....
無事に出航できるといいのですが......

2016年5月30日月曜日

うねりのちベタ凪

本日は知床一周クルーズの予定でしたが、荒天のため海岸町で折り返す形となりました。

ウトロ側まで行くことはできませんでしたが、道中シャチイシイルカミンククジラナガスクジラとさまざまな鯨類に出会うことができました。


また、途中シャチの群れとナガスクジラが共に並んで泳ぐ光景も確認できました。
このシャチは魚食性だったのか、はたまたクジラが仲間に入りたかったのか …
答えはわかりませんが、彼らの声を聞いてみたいですね 笑


その後も海藻を吻先に巻きつけて遊ぶ子供シャチや、お腹を上に向けて転がるシャチなど、好奇心旺盛な彼らの様々な行動を見ることができました。



帰港時には2頭のイシイルカが舟先の波に乗って泳ぎ、港に近づくまでずっとついて来ていました。
帰る頃には日も出て波も穏やかになっていたため、全身が透けて見えるほどこのようにくっきりと!

躍動感のある泳ぎをたっぷりと見せてくれました。(*^^*)

風は冷たい羅臼の海ですが、知床連山の雪も徐々に溶け峠では緑が見え始めています。
暖かい日が来るのももうすぐでしょうか …



2016年5月28日土曜日

港出てすぐ

朝から風の吹く中、2便出航となりました。
午前便では港を出てすぐシャチのブローが見えました〜

観光船は合計3隻出航していたのですが、
離れた場所でそれぞれの群れを観察していたので合計すると
かなりの数いたのではないでしょうか?
背景に見えるのが「クジラの見える丘公園」です。
こちらで日の出から日の入りまで、長崎大学の学生さんが目視調査を行っております。
今日も学生さんからの情報でシャチを見ることができました〜
ありがとうございます。

ゆったりと下(岬方面)へ泳いでおりました〜
たまに子供もバシャバシャ遊んだり親に甘えたりしておりました
こちらが気になる様子も少し見られ
スパイホップもたくさん見られました

午後の便では
シャチはかなり下の方へ進んでおりましたが
なんとか出会うことができました

見ている群れで15頭以上。
丘側にも7頭以上、もう一隻の船にも群れがいたので
ぞろぞろぞろぞろとシャチが浮上。
風は吹いておりましたが
今日もたくさんのシャチに出会うことができました!

明日も風が吹く予報がでておりますが
出航できますように....!

2016年5月27日金曜日

長時間クルーズ

本日、調査クルーズとなりました。
調査のため、6:00-16:00の長時間となりました〜

出航まえに
「クジラの見える丘公園」よりシャチが見えるとの情報をいただき、
探したのですが、雨が降っており、
霧も出ていたため、探すのに苦労しました....
しかし霧の中最初のシャチに出会うことができました
アイパッチが垂れ下がっている個体が多い群れで15頭以上はいました!
船に嫌がる様子もなく、興味がある様子でもなく淡々と泳いでいる姿が見られました

しかしその後、霧が濃くなってゆき、見失ってしまいました.....

別群れをゆっくり探していると割と近くにいました!!
船に懐っこい常連のシャチと他の群れが一緒にいて、総勢30頭はいたかと思います
ゆっくりシャチたちを観察しましたが
シャチたちはどんどん国後方面へ......
ついに私たちが行くことのできる境界線を越えてしまいました。
霧も濃くなっていったので、その群れは見送り、他の鯨類を探しに行きました。
下(知床岬方面)へ船をゆっくり進ませていくと
ネズミイルカが浮上!
一瞬でしたが、しっかりとその姿を見ることができました

そして
今度はナガスクジラ2頭に出会うことができました!

近づくて船を停止させると、
なんと船の下から真横に浮上!!!
その際の写真は撮れておりませんが、
右に左にナガスクジラに挟まれるような形になりました
大きな体のあまりの近さにスタッフ含め大興奮でした!!
餌がたくさんあるのか、ハシボソミズナギドリもたくさん集まっておりましたよ
その後
もっと下へ進み、知床岬が見えるところまでやってきました
とても凪がよかったのですが鯨類は発見できず折り返しとなりました。
もう一度シャチを探しつつ船を進ませていると
シャチの背びれが国後方面に見えました。
しかしまた霧が濃くなってゆき探せる状態ではなくなったので上に向け探鯨を続けました

イシイルカはいたるところで見かけました。
そのまま調査終了の16:00となり、入港。
港に入るとなんとキタオットセイがいました!!
こちらも写真には撮れてませんが港内でオットセイを見たのは初めてです笑

明日は9:00/13:00の通常便となります
凪はいい予報ですのでいい出会いがありますように....!

2016年5月26日木曜日

荒波の中のシャチ

本日朝から霧が出ておりましたが
2便出航となりました。

午前の便
霧がひどく場所によりますが遠くは非常に見えにくかったです

出航時はいつも通りオジロワシのつがいがとまっておりました
霧の中船を進ませましたが
シャチを発見することはできず、
たまにイシイルカが姿を見せたもののお客様は見ることができませんでした....

午後便では
出航してすぐ風波がでてきました....
結構荒れた中、鯨類を探しました。

同時刻出航した船よりシャチ発見情報をいただき、
シャチに出会うことができました!
十数頭の群れでしたが、アクティブで子供シャチはジャンプしたりしておりました!
尻尾はよく上がっているのが見えました
波が非常に高くなってきたので、
早めに帰港となりました。

明日はチャーター長時間クルーズとなっております
たくさんのシャチと出会えますように...!

2016年5月24日火曜日

今日もシャチ日和

朝、クジラの見える丘公園より沖を見ると白波がかなり目立ちました....

風もあったので
出航できるかとても心配でしたが
なんとか出航することができました!

港の岸壁にはいつも通りオジロワシのつがい
出航してすぐ、イシイルカの群れに出会い、
そこからシャチを探しました!
沖を走っていた船よりシャチの情報をいただき、向かうと広い範囲に群れがたくさんいました〜
最初は船が近づくと距離を取ってしまう警戒心の強さでしたが
だんだん慣れてきたのかリラックスモード
なかでも目立ったのは、やはり子供。
ぴょんっと跳ねたりぎこちないスパイホップをしてみたり
藻で遊ぶ姿も見られました!
船首でゆったり遊びながら泳いでおりました〜

午後便で出会ったシャチたちは警戒心が非常に強く、
近づくことはできませんでしたが、お客様も遠くから背びれを確認できましたね!

その後、大きな噴気を上げるナガスクジラにも出会うことができました!

明日は予報はあまりよくないですが、
出航できるよう祈っております

2016年5月23日月曜日

いろんな姿

 本日も朝から良いお天気の中、午前便午後便共に出航することができました。

 午前便では出航して間もないうちに数頭のシャチに遭遇!
ここ連日よく現れてくれています。


 また、シャチを観察している最中ふと周囲を見ると何やらプカプカ浮かぶものが …
キタオットセイです。
少し距離があったため胸ビレしか写っておりませんが …^_^;
何度もヒレをパタパタと海面に打ちつけておりました。


 そして午後便は他船や陸からの情報を元に、さらに沖まで船を走らせたところなんと数十頭を超えるシャチの群れが!

 まだ生まれて間もないだろう小さな子供から、立派な背びれを持った大人の雄シャチまで、様々な個体が集まったり離れたり。

 時々1頭の好奇心旺盛なシャチが何度も海面から顔を出しこちらを伺っていました。
このような行動を私達は「スパイホップ」と呼んでいます。
名前の通り、肉眼を使って水上から直接船を目視しているのです。
私達が野生生物をウォッチングするように、シャチも人間達を観察しているのですね〜(*^^*)


 また、水中でお腹を上にしてひっくり返ったりと変わった行動をするシャチもいました。
よく見ていると何やら見えるピンクの物体。
これは雄のシャチの生殖器です。

 
 今日のように大勢の個体がいた場合、いくつもの群れが交わって繁殖行動やその練習をしていることがあります。
大自然のなかでこのような光景が見られることはとても珍しいことなのです。

 その後もシャチ達は船に近づいたり一箇所に集まったり…
家族会議をしているのでしょうか?笑



 やがて国後島の方角へ体を向けゆっくりと姿を消していきました。


 羅臼の海では野生生物の様々な一面を見ることができます。
明日はどんな出会いが待っているでしょうか?


※最近は暖かい日が続く羅臼の町ですが、沖に出るととても寒いです!
皆さまお越しになる際は十分暖かい格好でお越しくださいね(*^_^*)



2016年5月22日日曜日

ごめ危機一髪

本日も朝から非常に凪がよく、気温も高かったです。
クジラの見える丘公園からは、ナガスクジラが見えており
クルーズでも見れると良いな〜と思いながら出航。

凪は良く視界はいいものの、蜃気楼が広くかかっており遠くは見にくい状態でした。
知床半島の方は民家が写っておりました!
出航してすぐ、オジロワシが船の前を通り抜けたかと思えば
カモメを追い始めました!
カモメも必死に逃げますが、ワシの足に捕まって水面に落とされました....
しかしカモメは2羽のオジロワシの猛攻に耐え、なんとか助かりました!
食物連鎖の一片を見たような気がします。
捕食する側もされる側も毎日必死で狩ったり狩られたり......
野生生物はとても強いと感じました

そのまま船を走らせると正面にミンククジラが見えました。
そちらに向かう途中でキタオットセイがぷかぷか浮いていました!
その横にミンククジラも浮上!
その後、「ペキンの鼻」付近にシャチがいるとの発見情報をいただき、
その場所へ向かうと、シャチに出会うことができました!ありがとうございます!
岬方面は波もなく、スケスケでとても綺麗でした
整列しながらゆっくり泳ぐシャチたちは羅臼の町方面に泳いで行きました
午後便はもっと近づいてるかな?と期待しつつ帰港。
港に戻る頃にはつよーい北東の風が吹き出しました.....
さっきまで穏やかだった海は一面白波に.....
出航できるか不安でしたが、なんとか出航することができ、
シャチにも出会うことができました!
ゆっくり近づいても
そのまま並走してくれたので大きさがとてもわかりやすかったですね
明日よりぐんと気温が下がるようなので
乗船の際は暖かい服装でお越しください!

2016年5月21日土曜日

元気いっぱい子シャチ

本日もとても凪の良い中2便出航となりました。
調査クルーズで朝早くより出航していた船よりシャチの情報をいただき、
出航してすぐ、シャチに出会うことができました!
昨日より船に懐っこく、シャチの方から船を見に来たり
気にせずゆったり泳いだり、急にものすごいスピードで泳ぎ大ジャンプしたりと
いろんな姿を見せてくれました!

午後の便では港を出た瞬間シャチの背びれはもう見えていました!
子供達はおてんばでジャンプを繰り返したり、遊びまくり!
スパイホップをしたいのかブリーチングをしたいのか....
どちらにせよ、まだ下手くそですね笑

途中にはイシイルカも。


ナガスクジラがいるとの情報を受け、一旦シャチの元を離れようと船を走らせると
引き波にジャンプしながらついてきました〜
大迫力でした^^

情報をもらった場所へ行くと、計4頭のナガスクジラを観察することができました
シャチの元へ戻ると、
船の横をふかく潜らずにぷかぷか。
西日が強くあたり、レインボーブローもみられました!
船首でペックスラップ!
手を振っているように見えますね〜
船の後ろではスパイホップ
周りどこを見てもシャチが何かしている様子が見られました〜

明日も凪も良く生き物にたくさん出会えますように...!