2017年8月4日金曜日

周遊航路にて、トド

本日は8月に入って一回目のチャータークルーズとなりました。
行きの便は、羅臼もウトロもどんより。
羅臼側では時間の関係でマッコウクジラを観察することはできず、
そのまま岬を交わし、ウトロ側へ。
野生生物でまず姿を現してくれたのは、ヒグマ。
 親子クマが歩く後ろでは急ぎ足のエゾジカ。

次にオジロワシが姿を現してくれました!
断崖を飛ぶ姿はとてもかっこよかったですね^^
男の涙という滝の近くには
トドの幼獣の姿も。
そして折り返し便でも同じところにトドが見られました。
あんまり動かない様子でしたが、元気に育ってくれることを祈ります

そしてシャチの情報もあったのですが、
発見にはいたらず....

この時期にはもう渡りの時期となりだんだん姿を消してゆくケイマフリ。
数は少なく数羽しかいませんでした
そして、
帰り便では泳ぐヒグマの姿も
口には、マスをくわえて
横ではオジロワシがおこぼれ待機.....

帰りに岬を交わす時は、
ウトロ側は青空、羅臼側は曇り空とはっきり天気が分かれておりました
明日は、通常運行予定です。
たくさんの生き物に出会えますように!!

0 件のコメント:

コメントを投稿