2018年5月23日水曜日

Fin Whales Day



本日は今シーズン始まって
1番のナガスクジラDAYでした!


始まりはオジロワシから。
キャッキャッキャと鳴き合いながら、旋回。
定位置に降りて行きました。



べた凪での出港でしたが、
本日のイシイルカはおやすみモード。
そのままイルカとはお別れし、クジラ探し続行。



午前便、後半戦でようやくナガスクジラを発見。
よく見ると、片方小さい!!!
きっと親子であろうと思いながら
Whale watching...



私たちがよく見るナガスクジラの群れとは違い、
潜水が長く、船との距離をとって泳ぐ個体でした。
”お母さんクジラ、子供を船に近づけたくないのかな”
と思ったので、私たちも距離をつめずに
時間ギリギリまで観察して帰路へ



帰りには
おきまりのゴメ(オオセグロカモメ)
からのご挨拶巡回飛行も。
毎回しっかり船を見てくる姿に、微笑ましくなります。


そして午後便。1時間ほどは何も見つけられず。
不安と戦いながら探し続けた末に
ナガスクジラ発見!!



whale watching で最初の感動は、
クジラを見つけられた瞬間ですね。
高いブローにナガスクジラだという事を確信。



お天気にも恵まれ
背景には国後島、爺爺岳の姿も。



べた凪なおかげで、口元が透けて見えました。



観察していると
クジラ達が船に向かって泳いできました。

そして真横に出現!!!




後ろには、ハシボソミズナギドリの小群も。
鳥達とナガスクジラたちは、
オキアミなどの同じ餌を食べています。





その後も船の事は気にせずに
クジラたちは水面下で餌を採りながら
その巨体を私たちに見せ、感動を与えてくれました。

何度かは船の真横10mくらい先で浮上。
そうなると噴気(ブロー)のプレゼント
私たちの顔に飛沫がかかります。



周囲には6頭のナガスクジラ
その大きさにカメラに全部は写りきりませんでした。

ナガスクジラは地球上で2番目に大きな生き物です。
体長は大きいもので27m
生まれた時は7mくらいですが、
そこから時間をかけて大きくなります。
寿命は約85年から90年です。




今年この海峡にやってきてくれた事、
今日私たちの船の近くにきてくれた事に感謝しつつ、
大きなクジラ達の姿に
感動の声が止まらないツアーとなりました。




ありがとうナガスクジラ!
これからもよろしくお願いします!!

Machi



0 件のコメント:

コメントを投稿