2014年5月14日水曜日

羅臼の海をうめつくす黒い影

5月14日(水)

今日は、久しぶりの
「カムイワッカ号」運行

もうすっかり流氷もなくなり、
ハシボソミズナギドリの大群も見え始め、
海も穏やかで〜、最高のコンディション!!

そろそろ、本格的な
「クジラ・イルカウォッチング」の
シーズンになってきました。

















午前は、天気がよくて、国後島もばっちり見えて
イシイルカとミンククジラがちらほら〜
いましたが、
確認することが少し難しかったです!

次は、もっとジャンプとかしてほしいな〜。

午後は、静岡からきた修学旅行生をのせて出航!
ハシボソミズナギドリも
イシイルカもミンククジラも
学生さんを「大歓迎」してるように、
でる。でる。

学生さんも先生も大喜びしてくれました。
この先の行程も、
安全に、北海道を満喫して帰ってほしいですね。

学生さんに元気をもらった一日でした。

明日からもシャチ&クジラに逢えますように!!!!

イメージ写真:ハシボソミズナギドリの大群
       (Photo by 写真家:石井輝章)