2018年7月19日木曜日

お休みモード

天気が良く波のあった昨日とは打って変わって
本日は霧が出ておりましたが凪はよかったですね

出航するときにはオジロワシのつがいが留まっておりました
こうやって横に並んで留まっていると顔も違い、個体識別もできそうです

沖に出てまず出会えたのは、イシイルカ
霧の中でしたが、至る所で見られました。
しかし本日は少し観察すると潜ってしまったり、お休みモードだったようです

鳥類は様々な種類が見られ、
遠いのですがこちらトウゾクカモメや
霧の中に消えてしまい、写真は撮れておりませんがクロアシアホウドリも見られました!

他船と手分けして探しましたが
残念ながら大型鯨類を発見することはできませんでした。

そして午後の便もイシイルカには出会えました
鳥類もアカエリヒレアシシギ、
 ミズナギドリの群れ
 が見られ、白色型フルマカモメは船のまわりをまとわりつくように飛び、
遊んでいるようでした^^

午後も大型鯨類は発見できず、
水中マイクを下ろしても音が入らなかったので
マッコウクジラは一旦海況から離れてしまったようですね。

凪はよかったのですが、海棲生物たちはあまりアクティブではなく
イルカのみの観察となりました。
明日は少し風が強い予報となっておりますが
たくさんの生き物に出会えることを祈ります!

2018年7月18日水曜日

沖合高波の中、出航


本日は沖合高波の中、出航
マッコウクジラがいる海域まで行きました。


いつもの定位置で番のオジロワシ発見
観察して見ると
右側のオジロさん、足元なんかおかしい、、、


あ、何かが足元に!!


視線を感じたのか、
飛び去るオジロワシ



よく見ると、鰈の仲間を

脚でがっしり鷲掴みです!!!!!


名前の通り
白い尾をピンと伸ばし、
もう片方も飛びたちました。


そして
戻ってきて、また定位置へ

正面から飛んでいる姿を見ると
その大きさに感動します。



オジロワシとはお別れし、沖へ出発



マッコウクジラがよく出る沖合で
ゆっくりと船を流しながら待ちましたが
その姿は確認できず。

断念し、Uターン


帰り道ではイシイルカや鳥たちがいました。
3群れほど出会い、そのうち1群れは少し船と
遊んでくれました



船首付近で遊ぶイシイルカ


他のイルカより
ずんぐりむっくりな体型と
お腹側が白いのが特徴のこのイルカ

白い部分には個体差があります♪


近くに来た時は白いお腹が水に透けて
どこにいるのか確認できます★


今日は高波だったので、
イルカたちも必死に水面に上がり呼吸。
勢いよくくるので、上げる飛沫も100点満点!!!



イルカとお別れした後は数種類の海鳥も観察



おきまりのフルマカモメ

今日は白色型もいました


ミズナギドリも、高波に苦戦しながら
飛びたって行きました


午後便も同じ状況で
イルカと海鳥を観察しました


見つけたイシイルカはぷかぷか浮かんで
休憩モード

この時は飛沫はなく、体の形や背びれが
よく観察できます




近づくと、得意の高速水泳を開始!!!




シャチ、マッコウは本日もいませんでしたが
そんな日でも、海鳥やイルカは観察できます♪

皆様のご乗船をお待ちしております(^-^)v

Machi













2018年7月17日火曜日

濃い青色の海

北寄りの風が強い予報が出ておりましたが、
午前便はなんとか出航することができました。

最初に出会えたのはやはりイシイルカ
 天気が良いので濃い青色の海を白い飛沫が飛び交いとても見つけやすかったですね^^
 全身を出すようなジャンプはしないイルカですが
その俊敏な動きに皆様驚かれておりました
 ところどころにミズナギドリの群れも見られました!
まだまだ数は多いですね
 こちらのハイイロヒレアシシギも見られ、
他にもハイイロウミツバメ、クロアシアホウドリも見られました!

かなり知床岬に近い方面にマッコウクジラ
国後側にシャチの情報がありましたが、両方向かうことはできず...

そして午後の便の出航の準備をしていたのですが、
白波が多くなり波も高くなってきたため急遽欠航となりました
ご予約いただいておりましたお客様、お越しになってくださいましたお客様
申し訳ございませんでした

明日も北寄りの風予報ですが、風速はいくらか落ちます。
出航できることを祈ります

2018年7月16日月曜日

晴天、気温上昇、夏らしい羅臼

昨日降り続いた雨と打って変わり、本日は晴天となりました。
朝早くは霧が出ていたのですが、出航すると晴れ
最初に姿を現したのはイシイルカ
沖合へ向かい、先に出航した船よりマッコウクジラの情報をいただき
急いで向かいました。
長い間待つと、近くに1頭浮上!
ゆっくり観察できると思いきや、
すぐに尻尾を上げて潜って行きました
そして情報のあったもう一頭の現場へ向かっていると
少し離れた場所で浮上!
しかし尻尾をバタバタさせていつもとは違う様子....
仲間に合図を送っていたのか、船を警戒していたのか
背中をぐっと曲げたものの尻尾は上げずに潜ってしまいました
帰港する時にはスカッと天気が良くなりましたが
また港周辺は霧。
こちら霧に突入する瞬間、右側が霞んでいますね
そして午後の便、3隻でチャーター。
国後島などの勉強をしてお越しになった団体様で、まずは日露中間ラインへ
その途中でもイシイルカの飛沫が多数見え、至る所にいました!
しかし風が非常に強くなり、マッコウクジラの現れるポイントまでは行くことができず
 こちら丘公園の前ですが、
白波だらけで風があるのがわかるかと思います。

イシイルカを観察しながら少し早めの帰港となりましたが
なんとか国後島を見ることができてよかったです^^
ぐん、と温度も上がり夏らしさを増してきた羅臼。
マッコウクジラも3日連続で複数頭確認できており、シーズンも安定してきています
明日も風が強い予報ですが、出航できることを祈ります...!

2018年7月15日日曜日

雨が降り続きます

本日は朝から雨が降っており、1日中止むことなく降り続けました。
最初に出会えたのはイシイルカ。
 船についてくれることはありませンでしたが、
素早く泳いで飛沫を上げているので、お客様も確認しやすかったかと思います。

そこから大型鯨類をさがしに沖へ
多少の波があり浮上を待っている時間は船が揺れて酔われた方も多かったかと思います

 浮上待ちの時間にはいつも通りフルマカモメが船に近づいてきます
暗色型の中の暗色型。というような濃い色のフルマカモメもいましたね^^
 こちらは中間色の淡色型
 雨の日でも海棲生物は変わらずそこで暮らしているのですが
目で探す以上、雨などで視界が悪いと発見率は落ちてしまいます。

本日も発見が難しいか....
そう思われた時、マッコウクジラのブローが近くで上がりました!
 雨でしろーくなっている視界でも
しっかりとブローは見えました
 少しずつ近づいてゆき
深呼吸を続けぷかぷか浮かぶマッコウクジラを数分観察....

最後には尻尾を高く上げて一気に潜水
 もっともイメージのクジラらしさのある尻尾が上がるシーンでは
「おぉ〜」と、いつもお客様からの歓声が聞こえてきます
 他にも鳥類はこちらのはシボソミズナギドリの群れや、
アカエリヒレアシシギの群れがよく見られました
 そして午後の便、
雨が少し強くなり風も吹き始めていたので波もありました。

その中でもイシイルカはたくさん見られ
至る所で白い飛沫があがっているのが見られました
残念ながら
波も高く、マッコウクジラのポイントまでは行くことができませんでした。

不安定な天候が続きますが
明日からも良いコンディションの中出航できますように....!

2018年7月14日土曜日

夏が来ました

本日も朝から霧が出ておりましたが、
出航する時には晴れました!

まず出会えたのはイシイルカ。
本日も素早く泳いでおりましたね^^

そして手分けして大型鯨類を探すもなかなか見つからず....
コシジロウミツバメやアカエリヒレアシシギなど夏によく見られる鳥が多く見られました

そして日露中間ライン付近を探していると、
国後側にマッコウクジラのブローが見えました!
1頭目は残念ながら近くで観察できませんでしたが、
そのまま待っているとあちらこちらに浮上!
2頭目は近くで観察でき、帰港している最中にもう1頭!
こちらもかなり近くで観察できました!
真後ろから観察できたので、尻尾も大迫力でしたね
そして午後の便、
マッコウクジラを探しにいきブローを見つけるも
タイミングが合わず、なかなか近くで観察できませんでした
肉眼で見えるものの少し遠かったですね....
ブローをあげて浮かんでいる時には発見できなかったお客様も
尻尾が上がる時には歓声が上がりましたね!
午後の便でもこちらのイシイルカに出会うことができました!

海鳥に関しても鯨類に関しても気候に関しても
やっと夏らしくなって来た羅臼。
明日もいい出会いがありますように!