2018年6月10日日曜日

生物と天候に恵まれました

本日は2日続いた時化模様の後の久しぶりの出航となりました!
天気は晴れ、日差しは暖かかったのですが風がとても冷たかったですね....

午前便最初に出会ったのはゴメのかたまり。
よく見ると口にオオナゴらしき魚を咥えています。
ここに小魚が集まっているということは、クジラも集まっているはず...
と辺りを観察。

するとすごい勢いでミンククジラが浮上。
やはり餌を食べに来ていたのですね。
そして沖に向かうと至る所にイシイルカのしぶきが見られました。
頭数の多い群れに近づくと、
イルカの方から近づいてくれました
長いこと船について遊んでくれましたね〜^^

 そして国後側にシャチの情報があったものの時間となり帰港となりました

午後の便、シャチが羅臼側に入ってきてくれたとの情報をいただき現場へ直行
広い範囲で分散しておりましたが、
十数頭ほどのシャチ群れ。

ゆーったり泳いでおり、たまにこちらに近づいてくることもありました。

また別の集まりに近づいてみるとこちらはアクティブに尻尾をバタバタしたり、
ひっくり返ったりしておりました

 オスの胸ビレは本当に大きいですね
時間いっぱいシャチを観察したのち、帰港となりました
明日以降、また風が強い予報が出ております。
少しでも長い期間出航できることを祈ります...!

0 件のコメント:

コメントを投稿