2018年7月7日土曜日

ALL STARS

またも3日続いた時化。
やっと本日出航することができました!

水面はさわさわしており、
多少波の残る中、出航しましたが沖に出ると凪ました!
先に出航していた船よりナガスクジラ発見情報をいただき直行
凪の中でゆったーーり泳ぐ小さめ(?)のナガスクジラ。
数回背中を見せると、数分潜水。
浮上を待ちをしていると、船の横にはカンムリウミスズメが4羽
そしてまたナガスクジラの浮上を観察しつつ、
遠くで潜ったマッコウクジラの次の浮上を待ちました。
40〜50分経つとマッコウクジラが浮上!
2頭同時の浮上でしたのでまずは近い方の個体を観察。
6月より何度か海峡で確認されていたマッコウクジラですが
当船では今季初観測となりました!

凪がとてもいいので体もよく見えました
 何度か深呼吸すると
最後には高く尻尾を上げてくれました
夏に一番見られるマッコウクジラ。
尻尾が上がる時のお客様の歓声も、夏の始まりを思わせてくれました。
2頭目も同じく尻尾を上げて潜水
こちらは真横からの尻尾です
次の浮上はまた40〜50分かかるため、港へ船を向けました。
帰港中も最近はもう、数を減らし始めているミズナギドリの群れがたくさん見られました
そして、陸近くにも1頭のマッコウクジラが浮上!
どこにいるかわかりますでしょうか..?
凪のいい時には水面に浮かぶ丸太のように見えますが
そこから水煙のようなもの(ブロー)が上がればそれはクジラ。

そのまま帰港していると港付近にも
アカボウクジラ科のクジラも4頭ほど浮上しました。
しかしすぐに潜水してしまい、お客様はあまり見えなかったかもしれませんね

そして午後の便、
風が出てきて波が少し出てきましたが
羅臼側にシャチが入ってきたとの情報をもらいました!
現場へ向かうとシャチとナガスクジラのブローが見えました!
ずっと近距離で一緒にいましたが、
双方特にきにすることはなく。
こちらを向いて泳いでくるオスシャチ

ひろーーく分散しておりましたが
どんどん羅臼側へ入ってきてくれました
こちらの3頭は船が気になったのか、寄ってきては周りをウロウロ。
遊んでくれましたね^^
なんども顔を出して泳いでみたり
スパイホップをしてみたり
シャチたちにも観察されました
遊びながら泳いでおり
よく顔を見せてくれましたね
シャチを観察している最中に
ナガスクジラも近くに浮上
勢いよく泳いでおりました。
そして時間となり帰港となりました
本日は午前の便で
世界で2番目に大きい生物の「ナガスクジラ」、ハクジラ目最大の「マッコウクジラ」
が見られ、午後の便では、
海の王者「シャチ」、午前と同じく「ナガスクジラ」
が見られました。

ちらっとアカボウクジラ科のクジラも見られ
イシイルカを除く、羅臼で見られる鯨類のほとんどが1日で見られました。

シーズン的には春→夏、シャチ→マッコウクジラへ変わる時期の7月。
不安定な時期で両方見られないこともありますが、
両方見られることもある時期です!
ぜひチャレンジしに来てください!羅臼にてお待ちしております^^






0 件のコメント:

コメントを投稿