2015年7月31日金曜日

真っ白な世界

本日は朝から大変濃い霧が出ており、辺り一面真っ白な世界でした。
午前の便では残念ながらクジラに出会うことができず…
途中、遠くで泳いでいるイシイルカをちらほら目撃することができました。

そして変わらぬ霧の中の2便目。
お客様達も、視界が悪いことをご了承の上乗船してくださりました。
こんな天候でしたが、わざわざ遠くの地からクジラを見に来てくださり本当にありがとうございます。

午後便こそなんとか生き物を発見してお見せしたいところ。
そう願って海上を見つめるも、なかなか霧は晴れず…。
自然は厳しいですね。
私達の思うようにはいきません。

波はなく空の色も海の色も溶けるように同化していて、これはこれで神秘的な光景ではありました。
沖まで行くと、ようやく国後島の姿が見えてきました。

クジラを探している間、漁船と間違えたのかフルマカモメがこちらに接近。ハシボソミズナギドリとよく似ていますがクチバシが太く、黄色いのが特徴です。また、独特な臭いがするらしく、地元の漁師さん達からは 通称「クサイ鳥」と呼ばれているようです^^;

そして羅臼と国後島の中間地点まで来て生き物を探していたところ、水中マイクを持っている他船からマッコウクジラのクリック音(水中で獲物を探す時に発する、カチカチという音)をキャッチしたとの情報が!

その後2頭のマッコウクジラが浮上しましたが、視界が悪かったため発見が遅れ、すぐに潜ってしまいました。
しかし帰港が遅くなっても良いとお客様から了承を得て、再び浮上するのを待ち粘った結果…ついに近くで浮上!!
皆様ばっちり潜水する瞬間を目撃することができました。

長期戦となりましたが、お客様も喜んでくださり、一同一安心^^
また、帰りの航路ではイシイルカも午前便より頭数を増やし素早く元気に泳いでいる光景を見ることができました。

視界不良でどうなることかと思いましたが、皆様最後まで一緒に探してくださりありがとうございました。
体が冷えた方もいられたと思いますので、今晩はゆっくりとお休みになってくださいね。

羅臼の天候は毎日変わります。
霧が出ていた際、衣服が湿ってしまい肌寒くなることがありますので、皆様暖かい格好でご乗船されることをお勧めいたします。

明日も良い出会いがありますように!

2015年7月30日木曜日

*奇跡*

本日も濃霧.......
陸の道路も霧で見えにくい状態....
しかし久々に凪はとってもよかったです
そんな中2便出航となりました。

空は青空が垣間見え、晴れておりましたが
下の方は霧で真っ白!

先に出航していた船が水中マイクでマッコウクジラのクリックスを確認するも浮上は確認できず....というところからのスタートとなりました

非常に苦戦しながら、他の観光船とともに辺りを探していると、
少し視界の開けている方向にマッコウクジラ発見!!!
どこにいるかわかりますでしょうか....?
ブロー(噴気)も近づかないと見えづらかったですね
他の観光船に無線連絡で場所をお知らせしたところ、
こちらに向かうまでに違う個体を発見したようで、
見ていたマッコウクジラが尾をあげたのを確認すると、
すぐにそちらに向かい
2頭目もしっかり観察できました
その後3頭目がすぐに浮上しましたが
遠くからの観察となりました。
そして、先ほど潜った2頭の浮上を待ちましたが、
その頃にはまた霧が濃くなって行き、もう一度の浮上は確認できませんでした

午後の便は14時で時間があったので
「クジラの見える丘公園」にて沖観察。
当社の船にご乗船されるお客様と出会い、お話をしつつ観察していると
どこもかしこもイシイルカだらけ!!でした

そして午後便
こちらも多少霧は薄くなったものの視界が悪いのは変わらず、
小雨まで降ってくる始末でした
べた凪だったのでイシイルカはとても目立ち、
泳ぐ方向もとてもわかりやすいです!
先に出航していた船からマッコウクジラの情報をもらい現場に向かいましたが1頭目は間に合わず。
同じ時間に出ていた船が水中マイクでマッコウクジラのクリックスを聞いてくださり
マッコウクジラがいることを確認してくださいました。
そしてその船の目の前に浮上!!
ゆっくりと観察することができました
本日も他船との連携でマッコウクジラに出会うことができました!
濃霧でも運が良ければ見える位置にクジラが浮上してくれます!

明日も霧が出ないことを祈ります!

2015年7月29日水曜日

ガスが晴れません

本日は霧で視界の悪い中での出航となりました
港を出ても霧は濃くなったり...薄くなったり...を繰り返しておりました
こちらハシボソミズナギドリに混ざっていたアカアシミズナギドリですが
すぐに霧の中に消えてしまいました。
午前の便では残念ながら鯨類に出会うことは叶わず...

そして午後の便、
出航する頃港近くは霧が晴れており、イカ釣り漁船の試運転がみられました
横についているのがイカを釣るための針だそうです!

先に出航していた船から、マッコウクジラの潜水を確認したとの連絡があり
ポイントへ直行!
その間、たくさんのイシイルカが見られました。
ポイントへ着いたのはマッコウクジラの予想浮上時間を10分ほどすぎており、
次の浮上を待ちました。

まわりにはヒレアシシギ類がたっくさんいました
ぽつんと浮かぶアカエリヒレアシシギ
かなり遠くにマッコウクジラの浮上を確認し、船を走らせましたが間に合わず....
お客様に帰港時間が遅れても大丈夫かどうか聞いた所、皆様にOKをもらったので
もう一度浮上を待ちました

すると船の目の前に浮上!!お客様が発見してくださいました!
その後そよーーっと近づき、近くで観察することができました
しかし最後の潜水タイミング、
尻尾が中途半端にしかあがりませんでした
前回もご乗船されて、その時はイシイルカのみだったというお客様がいらっしゃいました
クジラが見れてよかった!とおっしゃっていただきとても嬉しく思いました。

寒くて長い間ご乗船、お疲れさまでした

明日も2便出航予定です
霧が出ませんように......!!

2015年7月28日火曜日

本日も

風の吹く中2便出航となりました
午前便では、2頭のマッコウクジラを観察することができました!
1頭目が浮上し、観察していると
すぐ近くに2頭目が浮上!
1頭目のマッコウクジラが尾をあげたのを確認すると、
すぐに2頭目に向かいました!
2頭目は、こちらを気にしてか頭を大きくあげました!
岩のような頭ですね!
その後ゆっくりと潜って行きました
その後帰港となりました!
その時間には久々に知床連山が見えており、
雪解けがかなり進み、深緑に包まれておりました!
鳥類はコシジロウミツバメの群れ、ハイイロウミツバメ、ウトウ、ウミウ、ハシボソミズナギドリ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、アホウドリ(幼鳥)などが見られました!

そして午後の便、
マッコウクジラを探して沖に出ましたが
一緒に出航していた観光船がシャチを発見してくださいました!!ありがとうございます!!!
昨日の捕食していたシャチとおそらく同じ群れ!
船の下にずっとひっついて泳ぐシャチ、急に真横に浮上してお客様を驚かせておりました
船先の真下にシャチがいます
真横に浮上!
船上は「ギャーーー!」という歓声に包まれました!

シャチたちもだんだん離れていったので帰港となりました。
本日もマッコウクジラにシャチにイシイルカと贅沢なクルーズとなりました!
明日も生き物に出会えますように!!

2015年7月27日月曜日

オンパレード

本日もどんよりした中、2便出航となりました。
午前の便では、先に出航していた船が見たマッコウクジラのポイントまで向かいました
そこでマッコウクジラの浮上待ち.....
すると船の目の前に浮上!第一発見はお客様でした!!
ななめ45度のブローがはっきりと見えました!!
2頭目は船長が発見!!
こちらもまた、船の正面に浮上してくれました
高く尾をあげ潜ってゆきました。
そして港へ向かいました。
すると先に港へ向かっていた船がカマイルカを発見してくださいました!
ありがとうございます!
本当にたくさんいて、
100頭以上はいたかと思われます
跳んだり早く泳いだりとても見応えのあるイルカです
午後の便では羅臼でよくみられるイシイルカも飛沫をあげて泳いでおりました
マッコウクジラのポイントへ向かい、浮上を待っていると
遠くに鳥の群れが見えました。
ハシボソミズナギドリかな?と思いながら見ていると、
たまに黒い三角の背びれが見えました。
マッコウも時間に浮上しなかったのでそちらに向かいました

やはりシャチでした!
常連のお客様(ツダ様撮影)
そして周りに飛んでいた多くの鳥はハシボソミズナギドリではなく、フルマカモメ!
白色型もまざり、本当にたくさんいました
するとシャチが何かを持ち上げました!!
何の肉かはわかりませんが、なにか鯨類を捕食していたようです
大量にいたフルマカモメの臭いか、
あたりはスイカの腐ったような...なんとも言えない臭いに包まれておりました

その後もシャチたちは辺りをウロウロ....
シャチは二隻の観光船を気にして、たまにこちらの様子を伺いに、真横まで来ました

大きなオスシャチのスパイホップも見ることができました!
常連のおお客様(ツダ様撮影)
その後帰港時間となったので港に向かいましたが
その途中でマッコウクジラが浮上!!
しっかりとマッコウクジラの尾が上がるところも見ることができました!
マッコウクジラにシャチ、イシイルカにカマイルカと
たくさんの種類の生物に出会うことができました!

港近くでカマイルカなど羅臼沖ではいつどこでなにが起こるかわかりません!
海上とても寒いですが、根気よく海面を眺め続けていると珍しい光景を見ることができるかもしれませんよ!

そして本日より、羅臼ゴジラ岩観光に実習生がきてくれています。
大阪の専門学校より、池田みずきさんです!
(写真は昨日まで開催されていた、こんぶフェスタのこんぶ漁体験です)
ご乗船の際は、どうぞ宜しくお願いいたします。



2015年7月26日日曜日

波のある中

朝からガスが出ておりましたが、
すぐに、ある程度まで霧は晴れましたが
風が強く、波がありました。

そんなコンディションの中、条件付きの運航(途中で引き返す可能性あり)とさせていただきました。

午前便では、先に出向していた船が見たマッコウクジラの情報を元にそのポイントまで行きました。
行く途中には、イシイルカがたまに飛沫をあげて泳いでおりました。

そしてマッコウクジラの浮上も確認!
ブロー(噴気)がどこにあるかわかりますでしょうか

近くで尾が上がる瞬間もしっかり見れました!!
波もあったので1頭しっかり見れたところで帰港となりました

午後の便は、
撮影チャーター!
大きなカメラを持つお客様がご乗船されました

複数のマッコウクジラがいることが確認されていたので
3隻の観光船で浮上待ち…

するとそう離れていないところに浮上!

2頭目は漁の浮きの間にいましたよ!
3頭目は少し警戒して頭をあげてからの、
方向転換。
こちらは尾びれなのですが、春の人気者のアイツの背びれにそっくりですね!!(笑)
方向転換ののち、船の横に出て
スーッと泳いで後方へ。その後しばらくして潜っていきました


出会えた全てのマッコウクジラの尾びれが上がる瞬間を見ることが出来ました

本日は久々にかなりの寒さのクルーズとなりました。
気温が低いことが多い羅臼。
是非暖かい服装でお越しください。

ではお待ちしております

2015年7月25日土曜日

霧雨

本日、午前便は諸事情により、同業者の他船での出航となりました!
ともにその船に乗せていただきました、

霧は出ていたのですが、沖の方は視界が良く
3頭のマッコウクジラを近くで見ることができ、
初めてマッコウクジラのブリーチングも目撃!!
イシイルカも 長い間船と遊んでくれました!

そして午後の便、
午前と同様港近くは霧。
しかし沖に行っても霧雨が降り、波もあったのでマッコウクジラを探すことができず...
少数のイシイルカは見ることができましたが、なかなか飛沫をあげて泳いでくれず...
しかしお客様はしっかり確認できていたようでした!
何度か飛沫をあげて泳ぎましたが撮り損ねました汗

鳥類はウトウや小さめのハシボソミズナギドリの群れなどを見ることができました
本日午後便はは海峡にマッコウクジラがいるにも関わらず
コンディションが悪く、出会うことができませんでした...

明日こそは!霧が出ないよう祈るばかりです...
では羅臼にてお待ちしております

2015年7月24日金曜日

霧と国後とマッコウクジラ


今日の羅臼は朝から霧に包まれ、国後島も隠れていました。
ガスの中の出航…果たして生物は見つかるのか?
そんな不安もよぎりましたが、沖に出るにつれ次第に霧は晴れ、水平線が見えるようになりました。
周囲にゆっくりと泳ぐイシイルカの姿もちらほら…
そして国後島も姿を現し始めた頃、出ました!
マッコウクジラです。
 水面にプカプカ浮かび、深呼吸を繰り返した後潜水していく姿を、船から観察することができました。
 潜る際にはこのように背中を丸めます。
肌がボコボコしているのがお分かりでしょうか?
そして尾びれを高ーく持ち上げ…水深1000M近くの深海へ獲物を捕りに潜っていきます。

この海域にマッコウクジラがいることが確認でき、まずは一安心 ^ ^
引き続き探しにいくと、また次のマッコウクジラが現れ…午前の便では、合計3頭の個体を観察することができました。


午後の便では朝よりも霧が晴れ、港にいる段階でうっすらと国後島を見ることができました。
船を進めていくと、再びマッコウクジラが!
国後島をバックに、白い噴気が出ているのが確認できます。
そして午前と同じように、潜っていく光景を近くで観察することができました。

マッコウクジラは一度潜るとおよそ40分から長い時は1時間近く浮上して来ません。
この子が潜った時間が13時半だったので、おそらく14時10分くらいにまた出るかな〜と予想していたところ…なんと14時半ぴったりに浮上して来ました!
もし本当に同じ個体だとすれば…今回はずいぶん張り切って潜水したようですね(笑)

二度目の観察!といきたいところでしたが…あいにく浮上した場所が羅臼との中間ラインよりも国後側で、船からかなり離れた場所にいたため接近することはできませんでした。

帰港の時間も近づき、タイムリミットが迫る中…
最後にもう1頭観察できないかと探していたところ、出ました!!
斜め45°の白い噴気。マッコウクジラです!

しかも今度は浮上場所が羅臼側。
これがラストチャンス!と船を走らせ、なんとか間近で観察することができました。

その後港に帰る最中、サシルイの岸近くでイシイルカの群れに遭遇!
午前の便で出会った時よりも頭数が多く、飛沫を上げながら船の周りを華麗に泳いでいました。

ブレブレの写真ですが…スピード感がお分かりいただけたでしょうか?^^;
また、ハシボソミズナギドリの群れにも遭遇することができました。

最後まで何が起こるかわからない、これが知床、羅臼の海です。
明日も良い出会いがありますように!


また、海上は冷たい風に当たるため陸上よりも寒いです。
お越しになる際は、上着を一枚お持ちになることをお勧めいたします(*^^*)