2018年6月30日土曜日

ミンククジラに驚かされます

朝から霧が出ておりましたが沖に出ると晴れました
まず出会えたのはイシイルカ。
 本日も素早く泳いでおり、
こちらは体をねじりながら高速で泳いでいるイシイルカ
たくさんのイシイルカがおり、
たまに船について遊んでくれました

凪も良く知床岬方面へ船を進ませると、
大きな鳥の影....

クロアシアホウドリでした!
他船が出会った情報はあったのですが
当船は会ってなかったので久しぶりの遭遇

大きな鳥ですが、ミズナギドリ目です。
ハシボソミズナギドリと飛び立ち方がそっくりですね
その後
ミンククジラや、ツチクジラが姿を現すもなかなかお客様は見ることができず...
そこで他船よりシャチ情報がありましたが
残念ながら国後側....
シャチが入ってくるのを待っていると
フルマカモメが漁船と間違えて集まってきます
肉眼で見える距離ではありましたが、
クルーズ時間内に羅臼側に入ってくることはなく帰港となりました

そして午後の便
非常に凪がよくイシイルカは至る所に見られました

鏡のような凪だったので
イシイルカが水中にいてもどこにいるかわかりやすく写真も撮りやすかったですね
他鯨類を探しに行くと、
ミズナギドリの群れがいました。
そろそろミズナギドリのシーズンも終わります。
群れの大きさもだんだん規模が小さくなってゆきますね

そしてミズナギの近くで待機していると
突然船の真横にミンククジラが浮上!
そして周りはミンククジラだらけに!
近づいてきて、船の下を通る個体も。

凪がとてもいいので
白い胸ビレがよく見えました
 船を通過したんだろうな〜と思っているとまだ船の下にいて
真横に浮上!
背中の模様や白い胸ビレ、尾びれまでもが綺麗に見えました!

ミンククジラたちが霧の中へ消えていくと時間となり帰港。
 出航するときには、晴れていたものの
帰港するときにはまた霧が出てきてしまいましたね
明日も運航予定です。
ぐずついた天気の予報ですが
たくさんの生き物に出会えますように!

2018年6月29日金曜日

天候に左右されることなく彼らは

昨日と打って変わって1日ぐずついた天気でしたが
朝からシャチ情報があり、まっすぐ現場へ向かいました
広く分散しているシャチ達。
他の船も観察していたので総勢40頭近くはいたのではないかと推測できますが
本船の周りで観察できたのは20頭ほど
それでも多いですね^^

左でオスのシャチがハーフジャンプをすると、
 右側では大きなオスシャチが全身が出るような大ジャンプ!!
残念ながら撮影できず飛沫のみ....(目にしっかり焼き付けました笑)
あまりゆったり遊ぶ様子ではなくずっと泳ぎ続けておりましたが
たまにひっくり返ってみたり、
尻尾をバタバタしてみたり
横向きで海面に胸ビレを叩いてみたり

現場が近く、長い間観察できたので
様々な行動が見られました!
こちらはスパイホップ。
どんどん岬方面へ向かって行ってしまい、雨も降ってきたため帰港となりました

そして午後の便。
まだ間に合う場所にシャチ達がいるとの情報を受け一時間半ほどかけて現場へ。
「ペキンの鼻」と呼ばれる場所の沖で、そこは波風のあるところです

やはり本日もうねりや波があり、
シャチの群れが見えていてもなかなか近づくこともままなりませんでしたが
オスシャチが船のすぐそばに浮上!
波の中泳ぐ大きなオスシャチ。
いつも以上に迫力がありました!

波もあり現場もかなーーり遠かったため数分観察のち帰港となりました
ご乗船いただきましたお客様、波の中お疲れ様でした

明日も運航予定です
いいお天気の予報ですので、たくさんの生き物に出会えますように!

2018年6月28日木曜日

出航できて良かった!

本日の午前便は、強風のため欠航となってしまいました...
朝の時点でシャチの情報があったのですが残念です...
昼頃には少し落ち着いてきて
なんとか午後の便は出航できました!

まず出会ったのはイシイルカ
ついて泳ぐことはありませんでしたが
しぶきを上げてハイスピードで泳ぐ姿にお客様も驚かれていました

そして他船よりシャチ情報!いつもありがとうございます!
まず最初に見えてきたのはやはりオスシャチ。
船に寄るでもなく離れるでもなく、ゆーったり泳いでおりました
数回の大接近でオスシャチの大きさ、迫力でお客様からは歓声が上がりました
そして子供連れのシャチ達もおり、
ゆっくり近づいてみると
シャチの方から近づいてきてくれました!
そして船の下を何度も何度もくぐっては
姿が見えなくなり、どこに行ったんだろう...?と思っていると
急に船首近くでスパイホップ!!
目はしっかりこっちを見ています笑
私たちがシャチ達を見ているだけでなく、シャチ達も私たちを観察しています
その後も遠くに離れてみてはぷかーーと浮かんでこちらを見てみたり、
また船の下を何度も通っては真横に現れたり
とても驚かされましたね^^
他船も少し離れた場所でシャチの群れを観察しており
合わせると数十頭いたようです

そして、時間となり帰港しました
本日は時化の続く中やっと出航でき
シャチにも出会うことができました!!
今年の6月はなかなか安定しない日が続きますが、
できるだけ多く出航でき、生き物に出会えることを祈ります

2018年6月27日水曜日

欠航の際にできる事


6月がベストシーズンだと
シャチファンのお客様にはお伝えしているのですが
今年は天候に悩まされています。


本日羅臼の天気は大雨、濃霧、沖合高波
全便欠航となりました


せっかく知床羅臼に来たのに、
欠航になってしまった、、、

そんな時はまず、天候をチェック!

羅臼が霧や雨の場合は
知床半島の反対側
ウトロ側に向かいましょう♪

知床半島では
半島のちょうど半分で気候が違います。
羅臼が悪天候の際には
ウトロ側に行きますと、晴れていることが多いです。


もし、羅臼側は晴天!!!
だけど強風で高波、欠航になってしまった、、、

羅臼にも数カ所
自然センターなどがありますが、
もう全部制覇してしまった方はドライブへ★


羅臼から海沿いを南に向かいます。
1時間半ほど走ると
野付半島が見えて来ます。

強風ですが、お天気はいいので
お花や動物が観察できるんです♪

野付ネイチャーセンターを目的地にすると



道中にエゾカンゾウが



今の時期に見られるお花です★

そして北海道の道花
浜付近に生えている


はまなす


綺麗なピンク色が可愛い★
こちらも今の時期は見られます。




道中のお花と
ネイチャーセンターを楽しんだあとは
少し歩いてトドワラへ


木道があり、
枯死したトドマツが生えているところまで歩けます
※強風の際は要注意です!!



樹齢100年前後のトドマツや
それよりやや古いエゾマツも。
昔よりは見られる数が減りましたが、
今はまだ、その姿が見られます。

いずれは何もない湿地化すると
予想されている場所です



こちらはナラワラ


ここではミズナラの成れの果てが見られます。
この場所、時には鹿が泳いでる事も。


鳥にも出会えます
こちらはカワアイサ


そしてトビも



水際にはキタキツネの姿も



まだ冬毛が残っている個体。


お腹が空いたようで
水際で地面を掘って餌を探していました


クンクン


掘り掘り


みーつけた♪


むしゃむしゃ♪




あ、見られてた(・Θ・)




私たちも海に出たいですが、
自然の事はコントロールできず。
欠航の際はお客様に
申し訳ないと思うばかりです。

欠航になっても、
北海道で楽しい思い出を残して頂きたい
と思う気持ちは変わりません!

海に出られない時、自然体験をしたい方は
ぜひお天気チェックをしてから
ドライブに出かけてください♪

空や陸の動物、植物たちに出会えます★

Machi